スポンサーサイト

2013.01.29 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

私が日本語教師になったわけ

2012.01.30 Monday 00:45
よく学生にも聞かれる、この質問。
答えるのも恥ずかしく、今まで本当のことは包み隠していたけど… ここまで来たら言ってしまおう!涙


私が、日本語教師という職業の存在を知ったのは、中学3年生の夏。
今でもよく覚えている、あの光景。
2階の一室で、ふと閃いたんだったなー・・・「そうだ、日本語教師という手があるじゃないか!」


子どものときから、学校が大好きだった。
授業も好きだったけど、何より、学校にいるのが好きだった。
地元が山奥にある為、そう簡単に人に会いに行けない。
でも、学校にいれば、友達にも会えるし、大人の人ともおしゃべりできる。
中学に入っても、その思いは変わらなかった。
特に、上級生になるにしたがって、学校の面白さが増していった。
生徒会に入っていた私は、放課後よく学校に残って、先生たちとお話していた。
授業とは違う顔の先生たち。
おもしろくて、ずっと生徒のことを考えていて、やさしくて。
しかも、頭がいい。
この環境にいたからこそ、自然と私は、「教師」という存在に憧れていったのかもしれない。
思えば、小さい頃の文集を読んでも、“将来の夢”コーナーに毎年「先生」と書いていた。
この文集を書いていた頃は、得意だった国語の先生になろうと思っていたのだと思う。



私が語学に興味を持ち始めたのは、小学校4年生のとき。
友人のススメで、近所の英会話教室に通い始めてから。
小学生向けのレッスンの先生は、アメリカ人男性と結婚した、日本人女性。
とてもファンキーな先生で、よくジョーダンを言っては、おもしろい英語を教えてくれた。
小学生を子ども扱いしないで、対等に話してくれる…そんな女性だった。
子どもながらに、先生の英語のレベルがかなり上級だということも気付いた。
「私も、こんな大人になりたい!!」
今でも、その思いは変わっていない。




こうして私は、「教師」+「語学」に興味を持っていった。
それが「日本語教師」へと変わった瞬間はというと………!!



中学3年生の夏。
英語の先生のススメで、地域の弁論大会に出る事にした。
テーマは「将来の夢」。
3分語る分だけ、英語のスピーチを考えなければならない………どうしよう………
当時の私は、そんなにきっちりと将来就きたい職業が決まっていたわけでもなかった。
色々と考えた結果、やはり「教師」と「語学」というキーワードが浮かんで来た。
そのまま簡単に考えれば、普通は「英語教師」とか、そんな答えになったのだろう。
だけど、「英語教師」になりたいかと聞かれると、そこまでピンと来ない自分がいた。
“でも、私もあの英語の先生みたいに、かっこいい先生になりたいなー・・・・・”
そんなことを考えていたとき、ふと「じゃあ、日本語教えればいいじゃん!」という考えが出て来た。



こうして、私は3分間、日本語教師になりたいという熱い?想いを、
地域の英語の先生方の前で、英語で語ったのである……。
驚いた事に、このスピーチで私は優勝してしまった!!そして県大会出場。
夏休みは、ほぼ毎日英語のスピーチの練習をしていた。
毎日毎日、「日本語教師」への夢を語っていたら、本当にどんどん興味が湧いて来て、
高校を決めるときも、高校に入ってからも、大学を選ぶときも、ずっと日本語教師になれる道を考えていた。


そして、大学では日本語学科に入り、日本語教育を専攻した。
日本語教育会を先導する先生方、日本語に興味津々の学生、日本語を使いこなす留学生。
大学での毎日は、刺激たっぷりだった。
そして1年間の海外教育実習を経て、現在に至る私。



最初の動機は、「日本語教えればいいじゃん!」という、安易な考えだったけど…



あのスピーチがなかったら…… 私はどんな人生を送っていたのだろう。
あのスピーチがなかったら…… 今頃、私はどこでどんな生活をしていたのだろう。
あのスピーチがなかったら…… 私は、こんなに素敵な毎日を送る事はできなかったんだなー。
あのスピーチがなかったら…… ここの学生に会えなかったんだなー。
あのスピーチがなかったら……





もう10年も前のこと。
だけど、忘れられない、忘れちゃいけない、10年前の出来事。

日本語教師になって、よかった。
category:きょうしつ | by:adusjecomments(2)trackbacks(0) | -

スポンサーサイト

2013.01.29 Tuesday 00:45
category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
Comment
adusjeさん

書き込み、ありがとうございました。
先ほどまとめのページにも付け加えさせていただきました。
これからもよろしくお願いします。
ぱんちょさん。
とても素晴らしい企画、ありがとうございました!!
これからも、どうぞよろしくお願いします。
  • adusje
  • 2012/01/30 2:53 AM








   
Trackback
この記事のトラックバックURL

Profile
Calender
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Category
Selected entry
Archives
Recent comment
  • 私が日本語教師になったわけ
    adusje
  • 私が日本語教師になったわけ
    ぱんちょ
  • にほんごのせんせいのにほんご。
    miki
  • 付ち肝どぅ 愛さ肝!!
    miki
  • 上とか、っぽいとか、らしくとか。
    あづ。
  • 上とか、っぽいとか、らしくとか。
    みき
  • ″ ごほうび ”
  • Blok4を目の前にして・・・
    あづ。
  • Blok4を目の前にして・・・
    みき
  • スキーだいすき!!!
    しおり
街角の本屋さん。
Recommend
Link
PR
Search
Others
Mobile
qrcode
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM